ヘルス&ビューティー情報です。あなたにピッタリのヘルス&ビューティー情報が見つかります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

傷痕を目立ちにくくするには…適切な治療、術後ケアで差

 傷痕を目立ちにくくする治療法に関心が高まっている。手術の痕ややけど、深い切り傷の痕が赤く盛り上がって痛みやかゆみが出ても「仕方がない」とあきらめがち。しかし、適切な治療と、その後のケアで治り方に差が出てくるという。(村島有紀)

 ◆真皮縫合

 傷が治ったように見えても、1~3カ月後に赤く盛り上がって硬くなることがある。皮膚の繊維成分が一時的に増殖し、傷に沿って皮膚が隆起したり、しこりができたりする「肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)」と呼ばれる症状だ。通常は、半年から1年程度で皮膚は平らになる。このほか、赤く盛り上がる状態が傷の範囲を超えて大きく広がる「ケロイド」もある。

 皮膚が盛り上がりやすいのは、肩や関節部、胸の間など皮膚が引っ張られる部分だ。湘南鎌倉総合病院(神奈川県鎌倉市)の山下理絵形成外科・美容外科部長は「同じメスで切った手術痕が1ミリの人もいれば2センチまで広がる人もいる。肥厚性瘢痕やケロイドを防ぐために、表面の皮膚の出来上がりまでを考えて治療する必要がある」と話す。

 手術の傷痕を目立ちにくくする縫合法として、釣り糸のような細い糸で(皮膚の深部にある)真皮と表皮(皮膚の上皮)を縫い、表皮の緊張を緩和する真皮縫合がある。半年後には傷痕がほとんど見えなくなるまで回復する人もいるという。

 やけどの場合は、かさぶたを作らないようにすることが大切だ。かさぶたができることで傷が目立ちやすくなるため、傷から出る体液(浸出(しんしゅつ)液)を乾かさないようテープなどで密封し、表皮の生成を促進させる治療法「モイストヒーリング」(湿潤療法)を行う。

 ただ、自己流で傷をラップフィルムなどで覆うのは厳禁。山下部長は「病院の手術室のように無菌状態が保てるなら問題はないが、多くの場合、自己流では細菌が残る。ラップフィルムの下で細菌培養を行うようなもの」と警鐘を鳴らす。

 ◆効果に個人差

 傷痕が盛り上がり、痛みやかゆみで不快な場合はどうしたらいいのだろうか。

 保険適用となる治療法としては、(1)かゆみや皮膚の緊張を緩和するリザベン(トラニラスト)の内服(2)シリコンでできたジェルシートを長時間、張り続ける(3)サポーターなどで圧迫し、盛り上がりを防ぐ(4)盛り上がった皮膚の炎症を抑えるステロイドの貼り薬や軟膏(なんこう)、注射(5)レーザーを使い、表面を平らにする外科手術-などがある。紫外線に当たると色素沈着を起こすので、日光に当たらないなどの日常生活での注意も必要だ。

 しかし、治療の効果は個人差が大きいという。形成外科のほか、同様の治療を行う皮膚科もある。

 山下部長は「目立つ傷痕を残したくないというニーズは高い。例えば、小さな擦過傷でも病院に駆け込む親子が増えている。傷を完全になくすことはできないが、より目立たないようにすることはできることを知って、早めに適切な治療を受けてほしい」と話している。

 傷痕ケアをうたった、さまざまな医薬品や化粧品が販売されている。

 ■セルフケア商品もさまざま

 ニチバン(東京都文京区)は3月、傷口から出る体液を吸収して膨らむパッドを使って湿潤環境をつくる保護テープ「ケアリーヴ 治す力」(希望小売価格750円)を販売。小林製薬(大阪市中央区)は昨年3月から、赤く膨らんだ傷痕を保湿しながら炎症を抑え、血行を促進するクリーム「アットノン」(ヘパリン類似物質、15グラム入りで同1300円)を販売している。

 ジャンパール(東京都新宿区)の「バイオイル」(60ミリリットル入りで1680円など)は完治した傷痕をターゲットにした保湿ケア用化粧品。手術痕やニキビ痕を気にする女性らが購入している。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120403-00000600-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ 2012/04/14 17:06 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめteみた.【傷痕を目立ちにくくするには…適切な治療、術後ケアで差】
傷痕を目立ちにくくする治療法に関心が高まっている。手術の痕ややけど、深い切り傷の痕が赤く盛り上がやかゆみが出ても「仕方がない」とあきらめがち。しかし、適切な治療と、その後のケアで治り方に差が出てくるという。(村島有紀)◆真皮縫合傷が治ったように見えても...
[2012/04/14 17:20] まとめwoネタ速suru
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ 検索フォーム
◆ カテゴリー


複数の通貨ペア