ヘルス&ビューティー情報です。あなたにピッタリのヘルス&ビューティー情報が見つかります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

美魔女の次は腹筋オジサン!? コンテストも開催

 ♪かっこいいことばかりいってもお腹がでてくるのよ…(森高千里「私がオバさんになっても」)。平成4年のヒット曲で、オジサンの象徴とされていた“出腹”。しかし当時の若者が中年になった今、宿命にあらがい?割れた腹筋自慢のオヤジが目立っている。今月、アラフォー男性を対象にした腹筋コンテストが初開催。東日本大震災後、いざというときに頼りになる筋力・体力が見直され、今や腹筋は「男のアンチエイジングの象徴」(主催者)なんだとか。(重松明子)

 南青山のスパイラルホールで18日に開かれた「腹筋ING選手権」最終選考会。100人を超す応募から予選通過した37~47歳の出場者11人が1人ずつ壇上を進んでいく。Tシャツを自らの腕で破り裂き、腹筋があらわになるたび「ヒュー!」「ほぉ」「キャー!」。声援と悲鳴?で客席がどよめいた。

 主催は、若さを維持する40代「美魔女」ブームを作った女性誌「美スト」の男性版、「メンズ美スト」を4月2日に創刊する光文社だ。「女性の美しさが底上げされる一方、同年代男性との格差が拡大。誌面でかっこいいおっさんを多数紹介し、身近な目標を示したい」と山本由樹編集長(49)。

 同誌では、誰もがお金をかけずに努力と節制で獲得できる「腹筋」を「男のアンチエイジングの象徴」と位置づけた。ナルシストっぽいが、それだけではない。「震災を機に『いざというときに身を守れる体』に目覚めた男は多い。家族のために強く若くいたいという意識が、腹筋を鍛える動機付けにもなっている」と山本編集長。

 参加した自営業の浅野浩之さん(37)も「震災を経験し父親の責任を改めて自覚した。家庭を大切に、あまりストイックにならずに鍛えていきたい」。「ダンベル代わり」という娘の真央ちゃん(4)と声援を送っていた妻の律子さん(41)は「実は私以上にスキンケアにも熱心です」と美へのこだわりぶりも打ち明ける。

 コンテストでは、腹筋回数競技や自己PR審査も設けられ、第1回キングには警備会社勤務のボディーガード、冨岡雅人さん(39)が選ばれた。「仕事上ここまでの筋肉は必要とされていないが、普段見えない腹筋を鍛えることが自信や美意識につながる」と冨岡さん。

 元実業団バスケットボール選手で証券会社勤務の岡部栄太郎さん(47)は最年長出場者。「年下の方にも見劣りしていなくて、素直にすごいなと思いました」と妻の真里子さん(48)もほれ直した様子。

 「8年前に初めてのスノーボードで筋肉痛になり、運動不足を痛感。ジム通いを始めた」という美容室を営む山本学さん(42)は、高校生と中学生の父親。「体が変わり、仕事面での自信や信頼感も高まったと感じる。コンテストに参加して、若々しい年上の方に出会え今後の励みになった」

 閉会後の酒宴には全員が参加。文字通り「腹を割った交流」が5時間も続いたそうだ。

 一方、54歳の俳優が割れた腹筋を披露しながら販促イベントを展開し、驚異的に売れている本が、昨年5月に発行された「美木良介のロングブレスダイエット」(徳間書店)だ。

 1年でオヤジ体形から脱却し腰痛も解消した美木さん独自の、腹まわりの筋肉に働きかける呼吸法を紹介。続編と合わせ計54万部を突破している。

 「当初は女性読者を想定していたが、美木さんが各地で裸になって『さぁ、一緒に』と実演してくれるので、40~60代男性の反応がすごい。購入者の4割は男性です」と担当編集者。

 前出の山本編集長は「外見を美しく、かっこよくすることが、ビジネスの場で力を持つ時代になってきた」と指摘する。 職場や取引先男性の見た目に注がれる女の視線はシビアだ。“腹筋オジサン”の台頭は、女性の社会進出や管理職増加とも相関性ある現象なのでは!?



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120326-00000549-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ 2012/04/14 17:50 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめteみた.【美魔女の次は腹筋オジサン!? コンテストも開催】
♪かっこいいことばかりいってもお腹がでてくるのよ…(森高千里「私がオバさんになっても」)。平成4年のヒット曲で、オジサンの象徴とされていた“出腹”。しかし当時の若者が中年になった今、宿命にあらがい?割れた腹筋自慢のオヤジが目立っている。今月、アラフォー?...
[2012/04/14 18:00] まとめwoネタ速suru
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ 検索フォーム
◆ カテゴリー


複数の通貨ペア