ヘルス&ビューティー情報です。あなたにピッタリのヘルス&ビューティー情報が見つかります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゲノム情報の集約・解析などでヒアリング-東北メガバンク検討会

 文部科学省の「東北メディカル・メガバンク計画検討会」(主査=豊島久真男・理化学研究所研究顧問)は16日、東日本大震災の被災地の住民の遺伝子情報などを集約し、データ解析などを実施する同省の「東北メディカル・メガバンク計画」の骨子案について、事業の主体となる東北大の「東北メディカル・メガバンク機構」から引き続きヒアリングを行った。同機構は、遺伝子情報や診療情報などの集約・解析とデータの共有化について説明した。

 骨子案では、遺伝的素因と疾患発症との関連を想定した臨床研究の精度を上げるため、高頻度の遺伝子変異(common variant)に加え、病気への寄与が大きい低頻度の遺伝子変異(rare variant)の解析の重要性を指摘。遺伝子情報やオミックス情報(生体的分子の網羅的情報)を取得し、健康や診療に関する情報と併せた網羅的な基盤情報を創出することで、疾患の予防や診断精度の向上などが期待できるとしている。

 ヒアリング後の意見交換で委員からは、「rare variantを見つけることを目指してほしいが、それと同時に、環境因子のアセスメントを行ってほしい」と、震災で身体・精神的な被害を受けた影響によるcommon variantの変化を調べるよう求める意見が出たほか、「大震災の後で影響を受けて多発してくるような病気については、原因遺伝子を調べることになると思うが、一般的な生活習慣病やがんの遺伝子をこの中で見つけるのは筋が違う」「対象者にインフォームド・コンセントを取る際に、強制力が働かないようにしてほしい」などの声もあった。

 今回で骨子案に関する同機構の説明は終了し、同検討会では25日の次回会合で、提言に盛り込む内容について議論する。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120416-00000006-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ 2012/04/17 02:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ 検索フォーム
◆ カテゴリー


複数の通貨ペア