ヘルス&ビューティー情報です。あなたにピッタリのヘルス&ビューティー情報が見つかります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

審査支払機関統合、社保審部会で検討開始-厚労省、6月までに国会報告

 社会保障審議会の医療保険部会(部会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は18日、医療費の明細書(レセプト)の審査などを行っている社会保険診療報酬支払基金(支払基金)と国民健康保険団体連合会(国保連)の統合の是非について検討に入った。昨年末の衆院決算行政監視委員会の決議を踏まえたもので、厚生労働省では6月までに、今後の議論の結果を同委に報告する。

 昨年12月に採択された決議では、「統合に向けた検討を速やかに進めるべき」とし、その際、長期的なコストの削減効果を明確に示すよう、厚労省側に求めた。さらに、電子レセプトのさらなる活用や、レセプト審査への民間参入の環境整備についても検討した上で、同省が6月上旬までに、その結果を同委に報告することになっている。

 この日の会合で厚労省が示した主な論点は、▽保険者と医療機関の間で意見の相違があった場合の「紛争処理」の役割▽国保連と市町村国保の保険者とによる共同事務の在り方▽国保連と市町村国保の保険者が共同で持つ審査委員会の機能▽支払基金、国保連がそれぞれ担う審査以外の業務の在り方―などで、統合に伴う互いの組織や業務の在り方に関する項目が多かった。

 レセプト審査は、保険者が医療機関側に診療報酬を支払う際、診療行為が国の規定に適合するかどうかを確認するため、保険者から委託を受けた審査支払機関が行うもの。以前は、被用者保険は支払基金、国民健康保険は国保連と、健康保険の種類で異なるレセプトが審査されていたが、厚労省は一昨年末、いずれの審査支払機関にも委託できることを明確化する通知を出している。しかし、同省によると、まだ実績は出ていないという。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120418-00000001-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ 2012/04/18 15:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ 検索フォーム
◆ カテゴリー


複数の通貨ペア