ヘルス&ビューティー情報です。あなたにピッタリのヘルス&ビューティー情報が見つかります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<拡張型心筋症>iPS使い細胞作成 米大チーム

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使い、原因不明の難病「拡張型心筋症」の患者の皮膚から、心筋細胞を作成することに米スタンフォード大のチームが成功した。患者の心筋細胞を大量に作って発症のメカニズムを解明したり、開発中の薬の効果を試すことにつながる成果といえる。18日付の米医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディシン」に掲載された。

 拡張型心筋症は、心臓の筋肉が衰えてポンプ機能が低下し、肺や全身にうっ血を引き起こす。突然死を引き起こすこともある。患者は国内に2万人程度とみられているが、補助人工心臓の埋め込みや心臓移植以外にはほとんど治療法がない。患者から心臓の筋肉を大量に採取することが難しいため、発症原因は不明な点が多く、原因究明や再生医療による治療への期待が高まっていた。

 スタンフォード大チームは、家族3世代の中で、遺伝子の一部が変異して拡張型心筋症を発症している患者4人と、変異がない健康な3人の計7人の皮膚からiPS細胞を作り、そこから心筋細胞を作って比較した。その結果、患者のiPS細胞から作られた心筋細胞は収縮が弱いなどの異常があり、チームは症状の再現に成功したとしている。【斎藤広子】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120419-00000015-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ 2012/04/19 06:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ 検索フォーム
◆ カテゴリー


複数の通貨ペア