ヘルス&ビューティー情報です。あなたにピッタリのヘルス&ビューティー情報が見つかります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「急性期には手厚い人員配置を」の声-厚労省の精神科医療検討会

 厚生労働省の「精神科医療の機能分化と質の向上等に関する検討会」(座長=武藤正樹・国際医療福祉総合研究所長)は19日に会合を開き、重度患者への医療提供で必要な人員配置や、急性期後の早期退院支援策などについて意見交換した。委員からは急性期について、手厚い人員配置を求める声が相次いだ。この日は、現場医師や人権問題に取り組む専門家らからのヒアリングも行った。

 同日の会合の冒頭、厚労省が今後の論点を提示。患者の状態像に応じた精神病床を検討する上で、▽重度の患者について、必要な精神医療を提供するためには、どのような人員配置が必要か▽急性期後の患者の早期退院に必要な支援を提供するには、どのような職種で、どのくらいの配置が必要か▽長期高齢入院者については、どのように対応すべきか―の3つを挙げた。

 委員からは、「急性期病棟では、他病棟に比べて人の目を使った観察が行われている。人的パワーは大事」(天賀谷隆・日本精神科看護技術協会副会長)、「急性期はかなり大量の精神科の薬が入るので、健康管理の面から人員が必要」(小川忍・日本看護協会常任理事)などの手厚い人員配置を求める声が相次いだ。また中島豊爾委員(全国自治体病院協議会副会長)は、「退院支援については、特にアウトリーチの点では、24時間体制できちっと対応できるということを原則にして人員体制を組んでいくことを考慮してもらいたい」と指摘した。

 この日の会合では、有識者から現場の意見を聞いた。平塚共済病院の武川吉和医師は、精神科病棟の運営の難しさについて、「精神科病棟の存続には、地域にニーズがあることよりも、院内のニーズがあることが大事。もともと赤字の病院はマンパワーを増やしたくない」と強調。NPO法人大阪精神医療人権センターの山本深雪事務局長は、「退院促進はドクターではなく、もう少しコメディカルを中心に置いた在り方を考えてほしい」と要望した。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120419-00000007-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ 2012/04/20 00:50 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめteみた.【「急性期には手厚い人員配置を」の声-厚労省の精神科医療検討会】
厚生労働省の「精神科医療の機能分化と質の向上等に関する検討会」(座長=武藤正樹・国際医療福祉総合研究所長)は19日に会合を開き、重度患者への医療提供で必要な人員配置や、急性期後の早策などについて意見交換した。委員からは急性期について、手厚い人員配置を求める?...
[2012/04/20 01:00] まとめwoネタ速suru
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ 検索フォーム
◆ カテゴリー


複数の通貨ペア