ヘルス&ビューティー情報です。あなたにピッタリのヘルス&ビューティー情報が見つかります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<秋田クマ襲撃>残雪上り脱走か…壁際に4.5メートル

 ヒグマの脱走で20日、従業員とみられる女性2人が犠牲となった秋田県鹿角市の秋田八幡平クマ牧場。射殺されたヒグマ6頭は残雪を上ってオリを乗り越えた可能性もあり、飼育状況を問題視する指摘もある。県警は管理上の過失がなかったか、捜査を進めるとみられる。



 「女性従業員がクマにかまれたようだ」。鹿角広域行政組合消防本部によると、午前10時5分ごろ、通報を受けて出動。現場に着くと、オリ近くで、従業員の館花タケさん(75)とみられる女性を複数のクマが襲っていた。オリの中と外には長靴が1組ずつ落ちていた。

 同牧場の経営者、長崎貞之進さん(68)は事故後に現場を確認。6頭が逃げたオリには高さ4.5メートル近くの残雪があり「そこから乗り越えたのかもしれない。水を使って除雪をしていたが、気付かずに残されていた」と話した。残雪がある側の囲いはコンクリート壁と柵を合わせ高さ約6メートル。クマの体長は2メートルを超えていたという。

 亡くなったとみられる館花タチさん(69)の長男(50)は「心配はしていたが、こうなるとは想像しなかった」。タチさんの妹(64)はニュースを聞いた夫に知らされて駆け付けたといい「気をつけてやれよ、と家族親類で言っていたのだが」と肩を落とした。妹によると、タチさんはクマの餌やりや獣舎の掃除が仕事で「掃除する時にクマをうまく外に出せない」とこぼしていたという。

 同牧場を巡っては、NPO法人「地球生物会議ALIVE」(東京都文京区)が昨年11月、「クマの健康や衛生面などに大きな問題がある」として、秋田県へ飼育状況について質問書を提出するなど、管理上の問題点を指摘していた。野上ふさ子代表によると、展示の囲いに低いところがあって近くの道路や山に簡単に逃げられるほか、あるクマ舎では鉄格子の狭いオリに複数頭のクマを閉じ込めて飼育していたという。

 野上代表は「施設側に動物管理の正しい知識がなかったとしか思えないひどさだった」と話した。

 県生活衛生課によると、県は同牧場に動物愛護管理法に基づく営業許可を5年に1回出し、年1回以上牧場の監視・指導をしてきた。11年度には県動物管理センターが計5回の監視を実施し、13年の次期許可更新をめどに、金属部分に腐食があったオリや餌箱を修繕することや、個体認識の方法などを示す飼養管理台帳の作成などを求めていた。

 秋田八幡平クマ牧場は87年7月開設。従業員は経営者を含め4人(男2人、女2人)。入場者は年間数千人だったという。【田原翔一、坂本太郎、小林洋子、仲田力行】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120420-00000104-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ 2012/04/21 00:44 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめteみた.【<秋田クマ襲撃>残雪上り脱走か…壁際に4.5メートル】
ヒグマの脱走で20日、従業員とみられる女性2人が犠牲となった秋田県鹿角市の秋田八幡平クマ牧場。射殺さたヒグマ6頭は残雪を上ってオリを乗り越えた可能性もあり、飼育状況を問題視する指摘もある。県警は管理上の過失がなかったか、捜査を進めるとみられる。「女性従業員...
[2012/04/21 00:55] まとめwoネタ速suru
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ 検索フォーム
◆ カテゴリー


複数の通貨ペア