ヘルス&ビューティー情報です。あなたにピッタリのヘルス&ビューティー情報が見つかります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<水俣病訴訟>「認定」の1審退ける 大阪高裁

 熊本県水俣市出身の女性(86)=大阪府豊中市=が、水俣病患者としての認定を求めた訴訟の控訴審判決が12日、大阪高裁であった。坂本倫城(みちき)裁判長は、女性を水俣病患者と認めるよう熊本県に命じた1審・大阪地裁判決を覆し、請求を退けた。判決は、国の患者認定基準について「医学的見解からみて相当だ」と指摘。女性の症状はメチル水銀以外が原因の可能性があるとした。同種訴訟で福岡高裁は2月、水俣病認定行政の妥当性を否定した上で、原告を患者と認定するよう命じる判決を出しており、判断が分かれた。



 ◇福岡と判断分かれる

 原告女性は78年、県に患者認定を申請したが認められず、81年に国の公害健康被害補償不服審査会に審査請求した。その後、国などに損害賠償を求めた水俣病関西訴訟に参加し、04年に最高裁で勝訴が確定したが、07年に審査請求が棄却されたため、患者認定を求めて提訴していた。

 現在の水俣病患者認定基準は、旧環境庁が77(昭和52)年に策定した「52年判断条件」を踏襲したもので、手足の感覚障害や運動失調など複数の症状があれば、患者として認定される。原告女性は、症状が手足の感覚障害のみで複数症状がないとして、患者認定されなかった。

 10年7月の1審判決は「52年判断条件が規定する複数症状の組み合わせがなければ患者と認めない国や県の主張は医学的根拠がない」と指摘。複数症状の組み合わせがなくても、症状の内容やメチル水銀の摂取状況などを総合考慮し、患者と認める余地があるとして、国の認定基準を否定した。その上で、原告女性について「手足の感覚障害のみだが、生活歴から認められるメチル水銀の摂取状況などから、水俣病の患者と認められる」と述べた。

 控訴審で県側は▽52年判断条件は正しい▽原告は52年判断条件に該当しないので、公害健康被害補償法上の水俣病患者ではない▽原告の障害は他の原因によるもの--などと改めて主張していた。【坂口雄亮】

 【ことば】水俣病

 チッソ水俣工場(熊本県水俣市)の排水にメチル水銀が含まれ、汚染された魚介類を食べた人に起きた神経系の症状。1956年に公式に確認され、65年には新潟でも発生が確認された。認定患者はチッソなどから1500万~1800万円の一時金や年金などの支払いを受ける。

 一方で、認定されない被害者が相次ぎ、国は09年、水俣病被害者救済特別措置法を制定し、感覚障害など一定の症状が確認されれば一時金(210万円)や療養手当などを支給する枠組みを整備した。これまでの認定患者は熊本、鹿児島、新潟3県で2973人にとどまる一方、特措法に基づく救済措置は3県で5万3062人(3月末)が申請している。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120412-00000049-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ 2012/04/22 02:36 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめteみた.【<水俣病訴訟>「認定」の1審退ける 大阪高裁】
熊本県水俣市出身の女性(86)=大阪府豊中市=が、水俣病患者としての認定を求めた訴訟の控訴審判決が12日、大阪高裁であった。坂本倫城(みちき)裁判長は、女性を患者と認めるよう熊本県に命じた1審・大阪地裁判決を覆し、請求を退けた。判決は、国の患者認定基準につ?...
[2012/04/22 02:45] まとめwoネタ速suru
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ 検索フォーム
◆ カテゴリー


複数の通貨ペア