ヘルス&ビューティー情報です。あなたにピッタリのヘルス&ビューティー情報が見つかります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<川内村長選>3氏が立候補 「村民帰還」争点に

 東京電力福島第1原発事故で全村避難した福島県川内村で、「帰還」の是非が最大の争点となる村長選が12日告示され、3人が立候補を届け出た。1月に「帰村宣言」した現職に、批判的な新人2人が挑む構図。当面帰還できない住民の生活再建なども争点だ。村内と多くの住民が避難する郡山市で22日投票、村内で開票される。

 3人とも無所属で、3選を目指す現職の遠藤雄幸氏(57)▽新人で元中学教頭の猪狩健寿氏(65)▽新人で元村議の西山千嘉子氏(63)。

 村内の選挙事務所前で遠藤氏は「除染や健康管理、雇用の確保で、安心して住める、子どもが夢を持てる村にしたい」と第一声。

 猪狩氏は「避難先にとどまる人の雇用や住居の確保が不十分。早すぎる学校再開で、戻る子と戻らない子の絆が失われた」と訴える。

 西山氏は「事故は収束していない。子どもの健康被害の程度は不明なのに、なぜ帰村できるのか」と反対し、避難継続を主張する。

 村は事故後、緊急時避難準備区域(11年9月解除)と警戒区域に指定され、ほぼ全村民約3000人が避難。今年1月「戻れる人から戻りましょう」と呼びかける帰村宣言をし、3月には郡山市から役場を村に戻すなど、避難自治体の中でいち早く「帰還」を打ち出した。今月1日には警戒区域も解除されたが、若い世代を中心に「除染も進まず帰還は早い」との声もあり、村内に戻ったのは545人にとどまっている。有権者数は11日現在2517人。【深津誠】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120412-00000027-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ 2012/04/22 07:29 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめteみた.【<川内村長選>3氏が立候補 「村民帰還」争点に】
東京電力福島第1原発事故で全村避難した福島県川内村で、「帰還」の是非が最大の争点となる村長選が12日告示され、3人が立候補を届け出た。1月に「帰村宣言」した現職に、も争点だ。村内と多くの住民が避難する郡山市で22日投票、村内で開票される。3人とも無所属で、3選?...
[2012/04/22 07:41] まとめwoネタ速suru
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ 検索フォーム
◆ カテゴリー


複数の通貨ペア