ヘルス&ビューティー情報です。あなたにピッタリのヘルス&ビューティー情報が見つかります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

食べ物を大きく見せて満腹感 「ダイエットメガネ」を開発

 食べ物が大きく見えるメガネをかけると、少ない量で満腹感が得られる――そんな「ダイエットメガネ」を、東京大学情報理工学系研究科の廣瀬通孝教授の研究グループが開発した。

 廣瀬教授はバーチャルリアリティ、ヒューマンインタフェース(情報機器と人間とのコミュニケーション)が専門分野で、今回の「ダイエットメガネ」は、バーチャルリアリティー技術で視覚を操作し、内臓感覚とリンクしてみせたものだという。

■1.5倍大きく見せたら、食べる量9.3%減少

 廣瀬教授によれば、このメガネを使ってクッキーを食べさせた場合、通常よりクッキーを1.5倍大きく見えるように設定すると満腹を感じるまでの量が平均で9.3%減少した。逆に0.67倍小さくして見せると、満腹になるまで15%多く食べたという。

 実験はまず、20歳から30歳代の男女12人に満腹になるまでクッキーを食べてもらった。その後、ビデオカメラの付いたゴーグルを装着してもらい満腹になるまでクッキーを食べさせた。

■実用化も期待できそう?

 ゴーグルはパソコンに繋がれていて、カメラの映像はパソコンで処理され、その映像を見ることになる。映像はクッキーを拡大、縮小するが、クッキーを持つ手の大きさは変えない。

 廣瀬教授によると、実際の量よりも多く見える工夫をすれば、少ない量で満腹感が得られるというのは定説になっているが、それを情報理工学の立場で実証したものだという。もともとダイエットに役立てようとの考えはなかったが、「ダイエットメガネ」の名前が認知され、期待の声も多く寄せられたこともあって、

  「これからはクッキーという単体だけではなく、手の込んだ複雑な料理も画像処理できる技術も開発したい」

と抱負を語っている。実用化も期待できそうな雰囲気だ。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120422-00000000-jct-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ 2012/04/22 10:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ 検索フォーム
◆ カテゴリー


複数の通貨ペア