ヘルス&ビューティー情報です。あなたにピッタリのヘルス&ビューティー情報が見つかります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大飯原発再稼働問題 福井知事「燃料の中間貯蔵施設は電力消費地で」

 ■対象首長、前向き 住民説得、厚い壁

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働問題をめぐり、橋下徹大阪市長ら電力消費地の関西圏の首長から、原発の使用済み燃料を再処理まで一時保管する「中間貯蔵施設」の受け入れについて前向きな発言が相次いでいる。「痛みの分かち合い」として電力消費地への設置を求める西川一誠福井県知事の提案を受けた形で、なかには候補地調査にまで踏み込む発言も。ただ、実際に候補地選定となれば住民らの反発は必至とみられ、実現へのハードルは高い。

 発端は西川知事の発言。大飯原発3、4号機の再稼働について枝野幸男経済産業相と会談した14日の会見で、原発内にたまっている使用済み燃料について「電力を消費する地域でも、中間貯蔵などで痛みを分かち合う分担をお願いしないといけない」と述べた。発言の背景には、原発敷地内の貯蔵容量への懸念がある。満杯になれば燃料交換ができなくなり運転停止に陥るからだ。

 西川知事の提案に対し、関西圏の首長からは受け入れを検討するような発言が続いている。

 橋下大阪市長は16日、「脱原発依存」の立場ながらも「原発を推進するなら、一大消費地として関西、特に大阪で受け入れないといけない」と言及。関西広域連合連合長の井戸敏三兵庫県知事も同日、「広域連合で検討を始めることが必要」と述べ、兵庫県としても「適地を調査して検討する」と一歩踏み込んでみせた。

 また、関電が供給する電力の約5%を消費している奈良県の荒井正吾知事は18日、福井県に職員を派遣し貯蔵方法などを調査する方針を示した。

 首長たちの積極的な発言に対し、電力関係者は「候補地選びなど具体的な段階に入ると住民の反対運動は避けられず、特に放射性物質への不安が高まった福島第1原発事故後では、住民への説得は容易ではない」と厳しい見方を示した。

 反発もすでに出始めている。奈良県の山下真生駒市長は荒井知事の発言に早速反論。19日に「市民の生命や健康を預かる者としては決して容認できない」として、県内への設置に反対する緊急声明を発表した。

 中間貯蔵施設は、東京電力と日本原子力発電が青森県むつ市で建設中。一方、福井県美浜町や和歌山県御坊市が候補地として浮上したことがあったものの、建設には至っていない。

【用語解説】中間貯蔵施設

 原発の使用済み燃料を再処理するまでの間、一時的に貯蔵する施設。資源エネルギー庁によると、国内の使用済み燃料は17カ所の原発敷地内で約1万4200トン、青森県六ケ所村の日本原燃の再処理工場で約2800トンを保管し、容量の上限は原発が2万630トン、日本原燃が3千トン。搬出ができないままだと、多くの原発で貯蔵量が限界に達するため、電力会社は3千~5千トン規模の施設を設置したい考えだ。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120422-00000076-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ 2012/04/24 03:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ 検索フォーム
◆ カテゴリー


複数の通貨ペア