ヘルス&ビューティー情報です。あなたにピッタリのヘルス&ビューティー情報が見つかります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「女系天皇」懸念、払拭できず…政府は皇位継承問題と分離方針も

 女性宮家創設に向け、政府がヒアリングを終えた有識者6人の賛否は大きく分かれた。政府は「皇位継承問題とは切り離す」としているが、女性宮家創設は過去に例のない「女系天皇」を生み出すという懸念が払拭できないためだ。政府は来年の通常国会にも皇室典範改正案を提出する考えだが、慎重な意見集約が求められる。

 「女性宮家問題と皇位継承問題は表裏一体。そのことを確認しておきたい」

 ジャーナリストの櫻井よしこ氏は10日の意見陳述で、こうクギを刺した。女性宮家が創設され、当主が民間の男性を配偶者に迎えれば子供は史上初の「女系皇族」となり、将来の「女系天皇」につながりかねないからだ。

 百地章・日本大教授も「女性宮家の創設は女系天皇への道を開く危険性があり、その場合、違憲の疑いさえある」と拙速な議論を慎むよう求めた。

 女性宮家創設の議論は、ご高齢の天皇、皇后両陛下にとって公務のご負担が大きくなっていることや、皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻の4人のお子さまのうち3人が女子のため、いずれ皇族方がほとんどおられなくなるとの懸念が背景にある。これまでヒアリングに応じた有識者も、全員がその危機感は共有している。

 今谷明・帝京大特任教授は「天皇、皇后両陛下の活動はお忙しすぎる。おいたわしい」と言及。山内昌之・明治大特任教授は「両陛下のご健康のためにご公務の軽減を可能にするシステム作りが必要」と述べ、女性宮家の創設に賛意を示した。

 櫻井、百地両氏も今谷、山内両氏と同じくご負担軽減の必要性には触れたが、ともに「女性宮家の創設ではなく、公務の再定義と整理こそ必要」と主張。また、「皇室の私的行為とされている『祭祀(さいし)』こそご公務」と主張し、その他の「国事行為」や「象徴行為」を整理するよう求めた。

 今後のヒアリングや政府内の検討では、女性宮家を創設した場合にどの範囲の皇族まで対象とするか、配偶者や子供の地位をどうするかが大きな論点となる。

 皇族の範囲については、「内親王までの小規模に」(今谷氏)、「できるだけ小さく」(ジャーナリストの田原総一朗氏)といった意見が多く、配偶者の地位については「皇族に準ずる形に」(山内氏)との見解が大半を占める。

 今谷、山内両氏からは女性宮家を創設した場合には、天皇陛下の長女、黒田清子さんの皇族復帰を求める意見も出された。

 戦後、連合国軍総司令部(GHQ)により皇籍離脱を余儀なくされた旧宮家の復帰や、現存の宮家が旧皇族の子孫を養子に迎えられるようにする案など、第3回までのヒアリングで複数の有識者から女性宮家創設の代替案も出されている。

 政府が目指す皇室典範の改正は、こうした幅広い意見を踏まえたものでなければ、将来に禍根を残すことになるだろう。(力武崇樹)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120411-00000533-san-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ 2012/04/25 03:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ 検索フォーム
◆ カテゴリー


複数の通貨ペア