ヘルス&ビューティー情報です。あなたにピッタリのヘルス&ビューティー情報が見つかります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

統合医療も「EBMで評価できる」-厚労省検討会で福井聖路加国際病院長

 厚生労働省の「統合医療」のあり方に関する検討会(座長=大島伸一・国立長寿医療研究センター総長)は25日の会合で、統合医療の評価方法などを研究した2010年度の厚労科学特別研究事業について、研究の代表者を務めた福井次矢・聖路加国際病院長から聴取した。福井氏は、統合医療にも、エビデンスに基づいて医療を評価するEBM(エビデンス・ベイスド・メディシン)の考え方を導入できるとの考えを示した。

 現在、治療のエビデンスを証明する実験方法としては、より正確に治療効果を判別できる「ランダム化比較試験(RCT)」が主流となっているが、従来の近代西洋医学に漢方やはり・きゅう、サプリメント療法などを取り入れた統合医療は、RCTで評価しづらいとされている。しかし福井氏は、「評価方法は、RCTでなければだめというわけではない」と指摘。被験者集団の健康状態を一定期間追跡する「コホート研究」などを例に、RCT以外の方法を用いるよう提案した。

 ただ、会合終了後にキャリアブレインの取材に応じた福井氏は、厚労省が統合医療に含まれる治療法の一例に挙げる音楽鑑賞や森林浴などは、治療効果が分かりづらいため、エビデンスの証明に多くの時間と資金が必要との認識を示した。

■医療資格者以外が提供する治療は統合医療に含まれるか

 この日の検討会では、統合医療の定義についても議論した。
 厚労省は、統合医療に含まれるとされる治療を、誰が提供するかによって3通りに分けた資料を提示した。それによると、医師の指示の下で実施されるあん摩マッサージ指圧や温泉療法が「医師により提供されるもの」に、きゅう師によるきゅうや、薬剤師の服薬相談の下で服用される一般用漢方薬が「医師などの医療関係者により提供されるもの」に、音楽鑑賞や森林浴、サプリメントなどが「医師など以外の者または患者・利用者自身の判断で提供されるもの」に分類された。

 これについて、欠席した羽生田俊委員(日本医師会副会長)の代わりに会合に出席した今村定臣・日医常任理事が「資格を持った人が施術者なら、おそらく医療に入るが、患者自身の判断で提供できるものはどうなのか」、伊藤壽記委員(阪大大学院教授)が「ドクターが主導で、医療従事者がチームでやるのが統合医療ではないか」と述べ、患者などが自身の判断で提供する治療を統合医療に含むことに疑問を呈した。

 厚労省は、次回の会合でも、統合医療の定義と、評価方法について議論を重ねる方針だ。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120425-00000011-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ 2012/04/26 04:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ 検索フォーム
◆ カテゴリー


複数の通貨ペア