ヘルス&ビューティー情報です。あなたにピッタリのヘルス&ビューティー情報が見つかります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

腸内改善で自己免疫疾患予防=悪玉菌抑えるたんぱく発見―理研

 腸内で悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を増やすたんぱく質をマウスの実験で発見したと、理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センターのシドニア・ファガラサン粘膜免疫研究チームリーダーらが1日まで米科学誌サイエンスに発表した。
 このたんぱく質「PD―1」が働かないマウスは、悪玉菌が増えて全身の免疫システムが異常に活性化し、自己免疫疾患やアレルギー疾患を発症することが分かった。研究成果は、腸内環境を改善する方法による新たな予防法や治療薬の開発に役立つと期待される。
 PD―1はこれまで、体内に侵入したウイルスや細菌、毒素などの異物に取り付く物質「抗体」を生産し、退治する免疫システムを調節する働きが知られていた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120501-00000030-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ 2012/05/01 09:46 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【腸内改善で自己免疫疾患予防=悪玉菌抑えるたんぱく発見―理研】
 腸内で悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を増やすたんぱく質をマウスの実験で発見したと、理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センターのシドニア・ファガラサン粘膜免疫研究チームリーダーらが1日まで米科学誌サイエンスに発表した。 このたんぱく質「PD―1」が働かな...
[2012/05/01 17:19] まとめwoネタ速suru
◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ 検索フォーム
◆ カテゴリー


複数の通貨ペア