ヘルス&ビューティー情報です。あなたにピッタリのヘルス&ビューティー情報が見つかります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<クモバトル>「ホンチ」愛好家らが保存活動

 横浜の子どもたちの間で1960年ごろまで、ネコハエトリというクモのオス同士を戦わせる「ホンチ遊び」が人気だった。最近はすっかり見られなくなったが、その面白さを伝えようと、横浜市の愛好家らが「横浜ホンチ保存会」(佐藤芳夫会長)をつくり、毎年大型連休中に大会を開催。今年も3日に開かれる。

 ネコハエトリは体長約1センチの小さなクモ。外国で「ジャンピング・スパイダー」と呼ばれるように、はねてハエなどの餌を狙ったり移動したりする。

 ホンチ遊びは4~5月の繁殖期にオス同士が戦う習性を利用した遊びで、木の板の上で向き合わせて触肢(しょくし)や脚を組ませ、先に逃げ出した方が負けというルールだ。保存会によると、千葉県の漁師の遊びが横浜に伝わったとされるが、名前の由来ははっきりしない。

 横浜市ではかつて、子どもたちが近所でネコハエトリをつかまえ、駄菓子屋などで売っていた「ホンチ箱」に入れて持ち歩いていた。学校や自宅、空き地などで友人同士で戦わせ、強さを競い合った。あまりの熱狂ぶりに持ち込み禁止とした学校もあったという。

 だが60年代前半になると、自然環境の変化や子どもたちの関心事の移り変わりで、次第に姿を消した。保存会事務局の前川隆敏さん(60)=横浜市西区=は「どぶ川などハエがわく場所が少なくなり、ネコハエトリも減った」と話す。

 保存会は83年に結成され、現在は20~70代の約40人が所属。前川さんはホンチ歴53年、大会優勝14回を誇り、「1ミリ大きさが違うだけでパワーが違ってくる。真っ黒のクモが勇壮に戦うのは格好いい」と魅力を語る。ただ、会員のほとんどは50代後半以上で「あと10年たったらどうなるか」と心配する。

 28回目となる今年の大会は3日、横浜市栄区上郷町の「瀬上市民の森」で開かれる(雨の場合4日に順延)。参加や見学希望者は午前9時半にJR根岸線港南台駅前に集合。子ども向けのキッズ大会も開かれる。【山下俊輔】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120501-00000040-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

シェイプアップに興味ある方はお気軽にどうぞ。

こちらです⇒シェイプアップは部位別「顔/ウエスト/お尻/お腹/太もも/二の腕」に!

[ 2012/05/01 12:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

◆ ほうれい線対策に
ただ今、人気急上昇中!
◆ 検索フォーム
◆ カテゴリー


複数の通貨ペア